読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさん、映画を見る

広告業界で働くITエンジニアなおっさんが、映画について語っていくブログ(ネタバレもあり)

【ネタバレなし】ゴーストバスターズ先行上映

ゴースト、NYを襲撃(32年ぶり2回目)

NYの幻は襲撃していないのでカウントしない。 こんにちは、おっさんです。

さて、リブート豊作な今年ですが、本作も32年前に大ヒットした作品のリブート作。 前作の大ファンだったので、待ちきれない、とばかりに先行上映期間に見てまいりました。 まだ先行期間なので、ストーリーについてのネタバレはなしで、見どころ、感想を書いていきます。

旧作ファンは見ないで死ねない

とにかく! 素晴らしかったです!

ダン・エイクロイドがこのタイトルを愛しているということが伝わってきました。ネタバレなしで書くのが難しいくらい、全編が「これぞ『ゴーストバスターズ』ファンのための映画」って主張していました。

あの人、この人、あのビル!!! ダン・エイクロイド他がカメオ出演していることはすでに知られていますが、もう見知った顔が出てくるたびに心の中でガッツポーズするって状態で、あっという間にストーリーが進んでいきました。

もうね、ラスト、あの場所にバスターズが帰ってきたところとかね。 久しぶりに旧作DVD引っ張り出しますよ、そりゃ。

もし旧作を見ていない人がいれば、これを機会にぜひ見ておくことをお勧めします。

少しだけ内容にも

トレーラーで公開されているように、今回のバスターズは4人の女性です。 最初は「え、これが?」って感じなのですが、実際に映画を見てみると、もうコイツラは間違いなく、ゴーストバスターズなのだ、考えてみたら、旧作もしょぼくれたおっさんどもだったし、これでいいんだ!という感じ。

全体として旧作の枠組みを残しつつ、バスターズが有名になっていく過程や事務所の台所事情、そしてネタバレなので書けない事件の背景(前作は破壊の神の降臨といういささかアレな理由でした)など、いろいろと変わっていることも多いです。

ラストまでサービスを忘れない

最近の映画では珍しくなくなったエンディングロール後のショート映像ですが、本作にも期待に違わないものが添えられていました。 というか期待以上でした。

あの曲の後に、○ー○の名前出されたらさ。 ねえ、早くその事件の話を見せてよ、公開いつよ!?ってなるよね?しょうがないよね?

ということで、今見終わったばかりなのですが、もう一度見たくなってきた。 正式公開日過ぎたらまた見に行くと思いますので、その時にはネタバレあり記事を書く予定です。お楽しみに!

終わりに

本ブログですが、こんな感じに鑑賞した映画の感想、内容についてのコメントを(結構な割合で)ネタバレを交えつつ語っていこうと思います。 新作もそうですが、ちょっと遡って話題作とか、最近ではネットで見られる過去の名作なども扱っていきますので、よろしくお願いします。

広告を非表示にする