読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっさん、映画を見る

広告業界で働くITエンジニアなおっさんが、映画について語っていくブログ(ネタバレもあり)

【映画】豊作すぎて捌き切れない問題

こんにちは、おっさんです。

今年の夏の映画、とにかく当たりが多い、という印象です。 また大作映画のリブート作が多いのも特徴といえるかもしれません。 ここらで一旦整理してみましょう。

まずはレビュー済みの作品をみてみよう

奇しくもすべてリブート(リメイク)作品となっています。 大作の続編も気になるところですが、やはりネームバリューのある作品が復活するとどうしても食指が動く。 あの名シーン、名セリフはどうなった!?って気になるじゃないですか。どうしても。

映画表現の教科書  ─名シーンに学ぶ決定的テクニック100

映画表現の教科書 ─名シーンに学ぶ決定的テクニック100

気になる大作なども

とはいえ、さっさと新作やミニシアター系などもカバーしていきたいです。

この辺はマストで見る必要があるとして、

あたりの、ちょっと前に公開された作品もいくつか、忙しくてみれてなかったんですよね

もちろん未レビュー作品も

とはいえずっとさぼっていたわけでは勿論なくて、見たけどレビューできていないよ、という作品もあります。 だってこのブログを開設する前の視聴ですし。

とりあえず、記憶が定かな近いうちにレビューしたいなと思っているのは、

まだまだ続くよ

で、この後にも面白そうな作品が控えていますわけです。 もうリンク形式じゃなくてもいいよね? 亀のあれとかゴーストバスターズのネタバレ記事とかDCコミック悪役組のとか、あとは物語の続編なんかもありますね。

ほかにもこれを見たほうがいいよ、というのがあればコメントで教えて下さい。

ということで

映画というのは気楽にできる趣味ですが、一つ見るのに確実に2時間程度取られちゃう趣味でもあります。 あと、意外と体力と脳の力をつかいます。 なので無理のない範囲で見ていきましょう。せっかく面白そうな映画が続いているのに体調崩したらもったいない!ですよ。

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)

すべての疲労は脳が原因 (集英社新書 829I)

今週のお題「映画の夏」

広告を非表示にする